--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.2723:25

警部補を条例違反で逮捕=女子高生にわいせつ行為―新潟県警(時事通信)

 女子高校生にわいせつな行為をしたとして、新潟県警は22日、県青少年健全育成条例違反容疑で、新潟中央署刑事1課警部補西村強容疑者(45)=新潟市西区寺尾西=を逮捕した。県警によると、容疑を認め、「申し訳なかった」と話しているという。
 逮捕容疑は15日夕、同市内のホテルで、18歳未満と知りながら高校1年の女子生徒(15)にわいせつな行為をした疑い。
 県警によると、西村容疑者は休日出勤の後、女子生徒と会ったという。女子生徒の家族から新潟東署に相談があり、発覚した。 

【関連ニュース】
女装し公然わいせつ、自衛官逮捕=店員に下半身露出
わいせつマイクロSD初摘発=携帯向け、容疑で2人逮捕
求刑上回る初の判決=わいせつ致傷事件の裁判員裁判
全員女性「意見言いやすかった」=「男性の声も」
小学生女児を暴行容疑=45歳無職男を逮捕

診療報酬引き上げ、民主が公約に明記へ(読売新聞)
和食中心の食事でうつ病予防? (産経新聞)
55歳中学教諭、同僚女性の盗撮画像で交際迫る(読売新聞)
PSPソフト複製・無断販売、容疑で無職男逮捕(読売新聞)
<アユ漁>解禁…1500人が清流に糸 静岡・興津川(毎日新聞)
スポンサーサイト
2010.05.1910:19

心電図送信機のチャンネル番号入力間違えで医療事故(医療介護CBニュース)

 心電図の送信機のチャンネル番号を間違えて入力したため、別の患者の心電図を見て患者に治療・処置を行った事例が2006年1月から10年3月末までに5件報告されていることが、日本医療機能評価機構のまとめで分かった。

 同機構が5月17日に公表した「医療安全情報(2010年5月)」によると、あるケースでは、看護師が患者Aの心電図モニタを表示するためにセントラルモニタを設定する際、送信機のチャンネル番号を間違えて入力。入力した番号は、患者Bのものだったため、セントラルモニタの患者Aの心電図が表示されるべき場所に患者Bの心電図が表示され、これに心室性不整脈が認められたため、患者Aに治療が行われたという。

 この事例が発生した医療機関では現在、▽受信している心電図のチャンネル番号が患者に装着されている送信機と合っているかを確認▽セントラルモニタの設定手順を確立―の取り組みを実施している。

 同機構では、無線の医療機器を使用する際は、院内にチャンネルを管理する人を配置するなど、責任体制を明確にするよう注意を促している。


【関連記事】
AED8万5000台を自主改修―日本光電工業
昨年の医療事故報告、過去最多―医療機能評価機構
医薬品の安全対策「医療機関が責任を持って対応を」
病院機能評価の医療への影響で初の調査結果
医療事故調の早期設立訴えシンポ-医療過誤原告の会

「補助金出してるから会長に」=阿久根市長、市体育協会に要請―鹿児島(時事通信)
夕張メロン 初競り 夏の味覚に2玉150万円 (毎日新聞)
首相動静(5月11日)(時事通信)
首相動静(5月16日)(時事通信)
<覚せい剤所持>京大生に有罪判決 大阪地裁(毎日新聞)
2010.05.1211:51

酔って小学校で暴言、市議リコールの投票告示(読売新聞)

 新潟県妙高市の水野文雄市議(65)が、酒に酔って市内の小学校に入り、女性教諭に暴言を吐いたとして、住民団体が起こした市議の解職請求(リコール)の是非を問う住民投票が10日午前、告示された。

 投開票は30日。有効投票の過半数が賛成すれば、水野市議は失職する。総務省行政課は「議員の酒に酔った行為を理由に解職の住民投票が行われるケースは聞いたことがない」としている。

 同市教委によると、水野市議は昨年9月30日夜、酒を飲んで帰宅する途中、市立新井中央小学校の教務室に1人でいた20歳代の女性教諭に、「体育館で何をしているのか」「おまえの対応が悪い。教師としてなっていない」などと大声でなじったという。同小では市民のスポーツ活動のために、体育館を開放していた。

 妙高市議会は昨年11月、水野市議の辞職勧告を決議。水野市議は辞職しなかったため、白川昭夫・前妙高市教育長を代表とする「妙高の安全で安心な学校を守る会」が、「市民の代表として品位や名誉を損なう行為。子供たちにも悪影響を及ぼす」として署名を始め、4月に1万人を超える有効署名を市選管に提出した。

 水野市議は、一時辞意を表明したが、撤回した経緯があり、「深く反省している。市政をただしてきた活動をアピールし、解職に賛成しないよう訴える」としている。一方、白川代表は「多くの市民の良識に期待したい」としている。

藤薫る春日大社 "砂ずりの藤”満開を迎える(産経新聞)
<退職強要>入社9日で 労働審判申し立て(毎日新聞)
浅田真央らを表彰 文科省の五輪優秀者顕彰(産経新聞)
【静かな有事】第4部 少子化を止めろ(5)危機感が世論を生み出す(産経新聞)
新住職祝い稚児行列 足立区谷中・法立寺(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。